ご予約はお電話(0770-25-2666)か携帯電話で(i- mode,EzWeb対応)
携帯へURLを送る〔i-modevodafoneEZweb
のぞみ整体院


トップページ 

おしらせ 

整体プラン 

整体師紹介 予約状況 よくある質問 

アクセス

2017年03月22日

平日ですが…

数日前のエントリーにちょろっと書きました、「春の解毒女子の会」の件です。

「またお話聞きたい!」とのお声も多数いただき、大盛会におわった秋の解毒女子の会。

今回春にも…という話が1月ごろよりあったものの、わたしのどうしても抜けられない定例勉強会とかぶり、日曜開催ならば正本さんと花文さん、おふたりでやっていただいたら、もしくはまた次の機会に、とお話していたのですが、なんやかんやなんやかんやと話を詰めるうちに平日開催となりました。

テーマは決まっていたのですが、文章の神様もロマンスの神様も降りていらっしゃらず、なかなか告知文がかけず。

ようやく情報解禁です♡

先週ちょろっとお話しただけで、内容ははっきりしないにもかかわらず、5名の方がお申し込みくださいましたけども…本当にありがとうございます。

今回はこんな感じです。


春の土用まっさかり!解毒女子の会@敦賀
「穀雨から梅雨へ、にほひたるからだのゆかしきを知る」

土用入りして、春と夏がバトンを渡すこの時期。
春の養生の総決算と、夏の準備をしていきませんか?

穀雨は二十四節気のひとつ。
穀物を豊かに育てる、4月20日ごろを指します。

この土用を過ぎると、立夏。
5月の初めには夏の兆しが現れるのです。
そして夏の前に迎えるのが本格的な梅雨。

自分も、子どもも、パートナーも…このころからとくに気になるのが「におい」問題。

デオドラント、アロマ、エアフレッシュナー…。ドラッグストアやスーパーにいけば「消臭」と称したにおい消しはあまたありますが、ならば自分から、家族から出ている「消したい」と思うにおい、これいったいなんなんでしょ。

そもそも「におい」は身体からのさまざまなサイン。
健康のバロメーターともフェロモンともなりうるのに、なぜかわたくしたちをデリケートにさせるこの問題。
いっしょにその奥深さ、秘密に迫ってみませんか?

午後から東京解毒女子の会主宰の伊澤花文さんに、におい(臭い、匂い)をテーマに、解毒、薬、内臓、腸内細菌などの観点から、奥の深いお話をわかりやすくお話しいただきます。

★解毒女子の基本哲学★
・からだの旬を引き延ばし美しく生きる
・自分のからだと対話できるようになる
・自分や愛する人のからだを守る
・からだの「ブラックボックス化」から卒業する
・医療者に自分のからだについて対話できることばを得る
楽しく、語り、食べて、学ぶ解毒女子の会は、
楽しく学ぶ場づくり「Edutainment」を目指します。
Edutainment = Education + Entertainment!!がコンセプト。

〇花文さんプロフィール〇
伊澤花文(イザワカフミ)  76年うまれ
超個性的にずば抜けた祖母から食養生の教えを引き継ぐ。
ものごころついた頃から臓器の仕組みに興味しんしん。
大学でジェンダー、社会学、哲学、思想を学ぶ 。
メーカーで人事企画に所属し 人材育成に食の重要性を実感する。
医療接遇コミュニケーション研修講師として医師、看護師、スタッフ、研修医の研修なども担当。食とコミュニケーションを深めることが ライフワーク。
見えない世界をわかりやすく こころと躰をつなぐ場づくりに没頭中。

毎回おたのしみの解毒ランチは、キッチン担当Bodyba正本より典座さまのプロデュースによる「精進カレーランチ」を用意してもらいます。典座(てんぞ)とは、禅宗、曹洞宗の寺院において、数おられる僧侶のなかで厨房の仕事を主に担当する職の方のこと。意外なことに、永平寺内の献立の中にも、「カレー」はあるんだそうですよ!

午前中は、のぞみ整体吉川がからだのお手当てをナビゲート。
春の臓器、解毒のかなめでもある「肝」と周辺臓器、筋肉をお手当てします。
あてずっぽうではなくその奥行き、大きさ、かたち、動きを感じながらお手当てすると、そとから揉むよりからだがゆるみます。

そして付着部が近くにある横隔膜。そのはたらきは臓器への影響のみならず、呼吸運動のダイナミズムを以て春の昂りやすい神経系を落ち着かせてくれます。
温かくなっていくこれからの季節なのに、いまいちゆるみきらない身体を、おてあてでほっこり、大の字でのびのび寝れる身体にしましょう。

終ったころにはすかっとお腹に隙間ができて、ランチもよりおいしくいただけますよ♡

とき:4月17日(月)10時~16時半

ばしょ:敦賀市横浜(東浦) 
空き家リノベーションモデルハウス「朱種」

料金:8000円(午後から参加の方は4000円、ランチご希望の方は5000円)

お申し込みは当院 0770(25)2666 まで。

投稿者 あつこ : 14:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨサを受けていただいた方からのお声など

この冬から春への変わり目の頃にときどき言われること、またちょいちょいとありますので、時期的なものもあるのかな、とおもって過去記事をみたら、去年もそのまえも春に書いていたこと。

「ヨサに入ったあとが寒い」。

ちょっと、過去の記事を(少し訂正もして)再掲します。

身体の反応にどういう意味があるのか…

「好転反応」ということばでうやむや、思考停止にするのではなく、反応を通じて、身体に関心を向けてみてくださいね。

個人差のある「感性でどうこう」ではなく(それも大事にしなくてはいけないところですけど)、「もともと自分が持っている」ものをグレーゾーン、ブラックボックスに押し込んだまま、症状や情報にふりまわされるというのは非常にもったいない。

位置を知ること。
はたらきを知ること。
動きを知ること。

「あることを知る」と、知識と感性が足並みをそろえて、からだは、自分自身にフィードバックして、また新しい方向をむいていきます。

身体のこと、自分で説明できた方が、いろいろお得なんです。
つぎつぎと出てくる健康(美容)ビジネスの波に飲み込まれたり、いちいち踊らされて不要な消費することもぐっと減ります。

自分を知ることは、客観性も同時に得ることになります。
わたしもまだまだ、学びの最中。
日々、アップデイトしながら、いっしょに考えて行きたいと願っています。

**************************

ヨサを受けた直後、いちどき急激に寒気に襲われる方がいらっしゃいます…。

それは、いわゆる運動をし終えた時のクールダウン作用のようなものと考えていただければと思います。
具体的に申し上げますと、運動をしたとき、筋肉の緊張がほぐれることにより、また、自律神経のはたらきもあわせて、循環器系の機能が亢進します。

つまり、おおきな血管だけでなく今まで流れることがなかった狭くなった血管までをも拡張し、全身に血液をめぐりやすいやすい状態にします。
人は運動することによる筋ポンプの働きなどで循環器系の動きがよくなるのですが、それをとめたときにからだをクールダウンさせるよう、脳から神経をつうじて心臓や筋肉などに「休め!」という命令が出されます。

急激に新陳代謝が良くなった状態の人ほど、このクールダウンの反応は強く、寒気を感じるものです。

妊娠中や慢性な運動不足だったり、更年期や、不眠、鬱などで、神経系のお薬を飲まれている方、のまれているお薬が血液や体液の環流する機能を助けすぎて自力で適応できるちからが落ち、ヨサのみならず、こういった温浴や整体などの施術を受けたあとに体調をくずしたような感じがしてしまう、という方もいらっしゃいます。

ご自身の体力の許容範囲をこえてからだを温めすぎたりしたことで、神経系統がそういう指令を出してしまう、ということです。
かならずしも毎回ではなく、ムラがある、という方が多いのも、その時の女性ならではのゆらぎ、コンディションが左右するからなのかもしれません。
冷えるんだから長く温まるまで温めただけいいということではないので、そういうことが出やすい方は短めのコースでしばらく続けてみられるのが良ろしいかと思います。

ヨサのあとの身体調整(ヨサほぐ)もおすすめです。

不定愁訴に不定愁訴が重なり、症状だけに応じた薬だけが増え、ご自分ではいかんともしがたい(どうしてもできない、どうしていいかわからない)コンデイションを、ひとまずマイナスからゼロまで底上げするのが、ヨサや整体を通じての私の役目と思っています。

そうしてうまれた身体の余裕、心の余裕が、ご自身の手でやりたかったこと、あきらめてたことと結びついたとき。(それは運動でも勉強でも趣味でも)

そこからが、みなさまのLIFE(いのち、くらし)の本当の「スタート」がある、と信じています。

また、おうちに持って帰っていただくハーブ液(その日の夜のお風呂に使ってね)も、ご家族皆様に「あったまってよく眠れる」「湯冷めしにくい」と、喜んでいただいています。

季節にみあったヨサの入り方のご提案をさせていただきながら、からだが次の季節をすこやかに迎える準備のお手伝いをしています。

からだをあたため、めぐらせること。
ヨサをコンデイショ二ングのひとつとして、お役立ていただけますとさいわいです。

投稿者 あつこ : 10:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のアクセスバーズ®クラス開催のお知らせ

4月13日(木)アクセスバーズクラス、開催します。
おひとりお申し込みがありましたので、もうおひとりエントリーありましたら、開催決定です。

【 アクセスバーズ®について… 】

「きちんとしないと」と思うんだけどしんどい。
子供の時落ち着きがないと言われていた(今も)。
まわりに合わせるふりをしているのがしんどい。
気まぐれで、何をやっても長続きしない。
そして、なによりそんな自分はダメだ、って自分を責めてしまう人。
全然ダメなんじゃなくて、ほんとはまじめでやさしすぎるがゆえになぜかしんどい人が少しでもおだやかにたのしく生きていくための助けとなる、世界中で活用されているツールが、アクセスバーズです。
ストレスフルな生活を送っている。
まとまらない考えで頭の中がいつもいっぱい。
ぐっすり眠りたい。
そんなかたにも、おすすめです。

☆☆☆☆☆

今回のクラスは、「アクセスバーズを施術する側」になるための、8時間のクラスです。
施術を受けるのもよいのですが、受講して施術することもできるようになることを通じて、よりご自身への理解と信頼にもつながればよいなと願い、ファシリテートさせていただくことにしました。
また、このようなことで困っておられるご家族に、声をかけても至らないもどかしさを抱えて胸を痛め、そっと寄り添い手を添える、言葉以外の手段のひとつとなれば、と受講される方もおられます。
時間は 9時15分~17時15分です。
会場は当院。

2名、4名、6名…ペアワークになりますので偶数で開催します。

初受講 37,000円
再受講 18,500円

15歳以下(クラス受講の大人と同伴)無料
16-17歳 18,500円

テキスト、バーズチャート(ポイント一覧2枚)、修了書をお渡しします。

このクラスを受けると、アクセスバーズ®のプラクティショナー(施術者)としてアメリカのアクセスコンシャスネス本部に認定され、施術をすることができます。

瞑想のような深いリラックスを得られるバーズは、ご家族へのコミュニケーションツールとしても最適。
ご家族への施しは、施術者ご自身への心の平安にもいざないます。
身体のあちこちに触れる、マッサージではありませんので、身体を触れられることが苦手な、リラックス下手な方にもおすすめ。

エナジーワークという、マッサージでも、整体でもない感覚。
どんな施術なの?という方は、市内では当院、津内のタイ式マッサージさはっとさんでも受けていただけますよ!
お仕事の一環としての受講も大歓迎です。

こちらでは去年、16名の方が受講されました。
ギフト&レシーブ会という受講者の方同士の交流もかねたおさらい会にもお誘いします。(今月は27日開催です)

テキストもあたらしいものに替わり、わたくしもファシリテーターとしてのアップデイトを行っています。再受講の方もどうぞ。

思考で身体ふくめて物事を見過ぎてつじつまが合わなくて、頭の中で言葉がいっぱいになってしまっていつもなぜかくるしい人には、エナジーという言葉が生まれる前の世界にもわたくしたちはいつもいることを知ってラクになれたらいいなと思うので、バーズという面白いツールに出会ってみてほしいなと思います。

また、エナジーを感じすぎてからだという錨との付き合い方を持て余してる人には、からだとともにあることを感じてもらえたらいいなと思って、そういう方にはまたいっしょに身体の旅に出られたら良いなと願っています。

こんな風にしか言えませんが、ピンと来た方はどうぞ。

投稿者 あつこ : 09:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月20日

Spring Equinox Day

春分の日の出は、大好きなこの場所で迎えました。
常宮神社。

去年は、父のことやらいろいろあり…。
身を預けてひとりで泣く場所が欲しくて、こちらを数え切れないくらいお訪ねしたなあ。

喪中なのでこのところずっと来れて無かったけど、やっぱり安心できる大好きな場所。
うぶすなさま。

eq3.jpg

日の出直後。

ひかりのみちがこのあと、わたしのからだを抱きしめるようにつつんで、ぐんぐんと後ろに伸びてゆき。
日の出時刻から一時間、山の稜線から陽が上がってから30分ほどのわずかな時間だったけど…。

信じた道をまっすぐ、まっすぐそのまま生きなさい、と言われているかのようだった。

eq2.jpg

地球暦も、また今日からスタート。

もっと引いて撮ればいいんですが、ここから撮ったのには意味があって…。

地球(右手前の緑の球)の軌道の中に、水星(水色の球)と金星(黄色の球)の軌道が表されているのですけれども、水星の軌道は大きく揺らぎ、金星の軌道は正確に整っている。どちらも惑星の中でそれぞれいちばんなんだそうです。

揺れる水星とぶれない金星が地球の内側をめぐってる、っていうお話。
ここがものすごく情緒と理性にふれるわたくしたち人間みたいだな、と初めて聴いたときにおもったのでした。


eq1.jpg

「今ここ」という現在地を知る美しいツール。

投稿者 あつこ : 17:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月19日

明日は春分の日。

去年の今日の記事ですが…
春分にまつわるおはなしです。

******
明日は春分の日。
春分の日は「Vernal Equinox」です。

equinox(イクイノクス)は「昼夜平分時」。

春分は太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜が(ほぼ)半分ずつの中庸の日。
陰陽のバランスがもっとも良いこの日は、世界中でも、いろんなお祝いがされています。
日本でも春分、夏至、秋分、冬至の特別な日に、神社などでは鳥居の正面から陽が登ったり沈んでいったり、陽の光を神社に取り込んでゆくように造られていたりするそうです。

この特別な節目である春分の日を、大事に過ごせたらいいですね。

毎月書かせてもらっている、フリーペーパーUNOのコラムにも、春分にからめてのことをかきました。
掲載そうそうではありますけども…せっかくのタイミングですので、お手元に行かない方にもご紹介させていただきます。

院の待ち合いも、春分の日から、あたらしい地球暦に貼り替えます。
地球暦に出会わなかったら、こんな文章は書けなかっただろうなあ。
この暦がなにをみちびいてくれるわけでも、たすけになってくれるわけでも、はたまた何のセラピーでも宗教でもないけれど(笑)、わたしたちは母、妻、女性、娘、はたらくひと、などたくさんの役割を不器用に着替えながら今をそれぞれ生きる「人」のあつまり。

人生は選択のくりかえし、迷い、なやみ、揺れることの繰り返しだけど、そのなかに偶然も必然もあることを思い知らされ、それをいつしか縁と呼び、それに救われ励まされてわたくしたちはまた歩けるのだろうなと思う。

無数の、あまねく星を人とその人生になぞらえたとき、そこにはきっとなにかの引きわせがあること、それを信じてみてもいいな、その羅針盤として暦のことをもっと知れたらな、とわたくしはおもうのです。


***************************

冬至からじょじょに日が長くなっているのを目で感じつつ、行きつ戻りつしながら寒さが緩むのを身体で感じつつ…この号がお手元に届くころ、暦の上では春分を迎えます。
春分は、冬至から夏至にかけて光の量が増え、追って立春の頃から熱の量が増えていき、熱が光に追いつくころ。それはさながら始まりの中に始まりがあって、追いかけながらぐるりとめぐっているように見えます(ちなみに夏至から冬至にかけて光の量は減り、追って立秋のころから立春まで熱の量が減ります)。ちょうどこのころから、春らしいうららかな陽気が本格化します。
そういえば女性の身体も、始まりのなかに次の始まりがある。
女性が女の子を宿したとき、その女の子(胎児)の中では実はすでに卵子が産声を上げているのをごぞんじでしたか?
しかし、誕生から第二次性徴のころまで、その卵子たちは女の子のお腹の中でしばらくの眠りにつきます。
はじめての月経を初潮と呼びますが、「潮」は白川博士によると、朝方の干満を指すとのこと(夕刻の干満を汐)。しばらく眠っていた卵子が朝、目覚めるかのように、女性としての身体の活動を始める。
ここにも始まりのなかに始まりがあるようで。
昨年末ごろ、縁あって予定日まぢかの妊婦さんを月満ちるまで3日おきくらいに触らせていただいていたことがありました。
妊婦さんに触れるとあらためて、ひとの身体は水で満たされ、気圧とからだのなかの水圧はつねにせめぎ合ってゆらいでいるんだなあと感じ入ります。
水面のような身体に触れて、その波紋の広がりを眺めていると、ときおりぽちゃんと魚が跳ねるような赤ちゃんの動き。風が止んだな、陽がさしたな、という風景にも似た変化が、身体に映されるさまはめまぐるしいようで、ゆったりと、一瞬が幾重にも重なり、終わりがないかのようです。
4月、また、いろんなことが始まりますね。
先月号に書きましたが、三寒四温の揺らぎにあわせて、身体はゆるみ始めています。スタートはいろいろと気が張ることも多いですが、身体はすでに始まりの準備、どこかゆるんでくれている、と思ったら、すこし、ほっとしませんか?そして、そのなかにまたなにかあたらしい始まりが包まれていると感じられたら、なんだかわくわくしませんか?
身体は、たぶんそれを考えるでなく感じている…。
なんだか勝手にそわそわ、うずうずする、春の身体を楽しんでくださいね!

***************************

投稿者 あつこ : 13:54 | コメント (0) | トラックバック (0)

当院をご利用くださるお忙しウーマンのみなさまに。

chiemi.png

メンズのあずかり知らぬところで、ウ―マンたちはひそかにいそがしいのですよね。

あれこれの所用をぎゅっと一日(もしくはお子さんを送り出してから帰ってくるまでの半日)に凝縮することもしばしばお聞きすること。

整体を受けにいらしたおり、「のぞみさん、みてみて、ネイル、さっき行ってきたの」「おわってこれから美容院の予約なんです」とか、「さっきマツエク行ってきて、ワックス来ました」(上と下で毛が増えたり減ったりですよね、と言って大笑い)とか、「産婦人科の定期検診終わって、ほっとしたいのでヨサの予約入れます」とか…。


そうそう、最近のクライアント様とのやり取りの中から気づいたこと、注意事項として…お忙しウーマンのみなさまにお伝えしますね。

「ワックスのあとにヨサしたらいろいろ吸収してくれてなんかよさそーう♡」
→ 当日の入浴は、開いた毛穴から細菌が入るおそれもあり、とお伝えさせていただいていますが、そもそもあたたかいWAX剤を塗って、はがす、という施術において、直後は肌が非常に局所的にセンシティヴになっています。
サウナなどの温浴で「あたためる」ことも、当日はお避け下さいますようおねがいいたします。
もうこの時期はないでしょうけども、「コタツで下半身入ったままうたたね」とかも危険です。

「ツルツルにしたら、すぐ彼氏に見せたい♡」
→繰り返しますがワックスのあとは、お肌が非常にセンシティヴになっておりますし、見た目的にも抜いてすぐは赤みや毛穴が目立っております。ほんとに綺麗に魅せられるのは当日よりあと。
セックスは翌日以降で…。

「マツエクのあとのヨサってどうなんですか?」
→これはわたしも知らなかったのですが、クライアント様からのお話によると、グルーが熱でとれることはないにしても、翌日でも熱と蒸気が当たりすぎると、マツエクそのものの持ちが悪くなるということはある、のだそうです。なので、先にヨサにするか、すこし日を置いてからご利用ください。


長くヨサのサービスを提供しておりますが、まだまだ知らないこともあります。
情報はアップデイト、共有しつつ…。

クライアントさまからもおしえていただくこと、多々ございます。
みなさまのおかげさまで、いつもありがとうございます。

そういえば、今日ヨサのご予約を入れてくださっていた方、「すみません、ヨサの持ち物(タオル、替えショーツ、煎じ液を入れるボトル)、あわてててぜんぶ出がけに玄関のとこに置いてきてしまって…タオルとショーツと買い物してたら遅れました!ごめんなさい!」とおっしゃっていらっしゃいました。

だいじょうぶです。
替えの紙ショーツ、タオル、空きペットボトルなど、ご用意しておりますので、お忘れになっても大丈夫です。

tebura.jpg


万が一金田一なことがございましても、どうぞ手ぶらでおこしくださいね!

投稿者 あつこ : 09:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月17日

春の解毒女子の会

日程調整つかず、今回見送りかわたし抜きで…ってことにもなりそうだった「解毒女子の会」、4月17日(月)に開催します。

前回は父が亡くなる数日前の開催でしたので、余裕なく振り返りのブログなども書かずじまいだったのでなにも参考になるものを添付できないのですが、花文さんからは内臓と腸内細菌の話、わたしは身体のトレイルランと称してボデイイメージのお話とワークをやりました。

シーズンに即した形で、また折々開催しようか、と約束はしていたので、内容はともかくひとまずご予定合いそうな方はお日にちを開けておいてくださるとうれしいです。

デトックスシーズンですしね。

平日のほうが子ども預けれるし楽、ってかたもいらっしゃるかもしれないしね。

ふわっと上滑りになりやすい時期(どうもクライアントさんも心ここにあらずというか言動一致しない、追いかけすぎて息が上がり気味な人が多くてどうも心配)なので、どっしりと地に足のついた、骨太なものをお持ち帰りできるようにしたいなあと思っています。

お昼は正本さんからの提案で、グルテンフリー献立の予定です。

投稿者 あつこ : 20:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月16日

3月の助産院での施術とお話会

3月の助産院出張整体は通常の第2火曜日ではなく、第3火曜日、21日となります。

ただし、お仕事を半休して助産院で検診を受けられる方は、この日に限らず遠慮なくご相談ください。
検診の日とおまとめくださっても結構です。
それぞれお休みを取るのって、大変ですものね。

産後のおしもの痛み、産後の性交痛などのご相談もときどき、頂きます。メディカルチェックでは「なんともない」といわれたけれど、でも痛いの、という方もどうぞ。

産後のおかあさんの、腰の問題はおなかにあり、おなかの問題は腰にあることが多いです。尿漏れとかね。

********************************************
30分「らくらくコース」 3000円。
ちょっとした肩こり、ときどき気になる腰痛、からだの重さ、倦怠感、からだを横たえる姿勢がしんどい…などにお悩みの方に。

60分「じっくりコース」 5000円。
長いこと抱えている痛みや、きつい違和感などにお悩みの方に。
じっくりコースで続けてこられてた方がほぼ主訴消失して卒業となられたり、整体院のほうに直接おいでいただいて施術を受けられる方がおられたりで、予約はとりやすくなっています。
***********************************************
お申し込みは瀧澤助産院さん 
0770(22)0928 まで。

助産院でお子さんを出産された方、される予定の方じゃなくても、もちろんオッケーです。おかあさんの笑顔が、みんなのしあわせ。
がまんせず、おこえがけください。

毎月、交互に開催しています「産後ママさんのからだととのえ会」「妊婦さんのからだととのえ会」は、今月は「産後ママさんのからだ整え会」の月です。28日(火)です。
(だいたい産前産後6か月くらいまでの方を対象としています)

出産の選択肢として「助産院てどんなとこ?」的な見学もかねてとしてもどうぞ。

投稿者 あつこ : 19:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業しました。

私があなたの母であるために
あなたが寂しい時 そばにいれないかもしれない

私があなたの母であるために
あなたの母はいつでも悪口言われてばかり

母があなたの母であるために
あなたは傷つくかもしれない

母があなたの母であること
あなたはいつの日か少し嫌になるかもしれない

だけど母は幸せです あなたが来てくれて
あなたの母になれたこと 母はとても嬉しいです

私はあなたの母である限り
いつでもあなたを守って味方でい続けるつもり

立派なあなたの母であるために
私はできる限りを尽くしていく所存です

母はあなたの母になるために
真面目に貯金をはじめます

母はあなたの母であること
その背丈が伸びていくたびとても誇らしく感じます

母は幸せです
あなたがいてくれて

あなたの母になれたこと 母はとても嬉しいです

ご飯の美味しいところは全部 あなたが先に食べてください
身も凍える寒い夜には 母のコートを巻いてください
母より綺麗で気立てが良くて 強い彼女を連れて来なさい
兎にも角にもどうかそのまま元気に歳を重ねて
無事母を看取ってください

母は幸せです あなたが来てくれて
あなたの母にしてくれて本当にありがとう

母は幸せです あなたがいてくれて
あなたの母になれたこと

母はとても嬉しいです
母はとても幸せです

阿部真央 「母であるために」

わたしが中学生の時にお世話になった方(くしくもめぐりめぐって息子同志が同学年)が教えてくださった曲。

ああ、こんなふうに肩ひじ張って頑張らなあかんて思ってた頃もあったな、くるしかったな、という…なんというかなつかしいような、そんな気持ちでした。

息子の顔を見ては一から十までガミガミいうのにももうほとほと疲れて、おしてそれは息子には意味のないことなんだなあとも気が付いて、よっぽどのことは別にして10回あったら1回だけ言うようにしよう、と決めてから1年半。

願った花は咲かなかったけど、代わりに咲いた花はまた違う愛しさ、誇らしいものがありました。

わたしも成長したなあ…笑

sotu.jpg


わたしが思っていた以上に、息子はずっと大人になっていました。

投稿者 あつこ : 14:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月12日

合格しました。

ton.jpg


空き時間に、中学のときからみてるクライアントさんの作品を見に。

ふたりとも、とても口数は少ないけど、それぞれが持つ内なる世界をまたあらためて作品から感じるうれしいひととき。

無限やなあ…♡


おかげさまで息子も合格しました。
敦高…定時制ですが(^-^)

昼間定時制になって一期めになります。
産業技術専門学校(いわゆる昔でいう職訓)の面接を受けて、ようやく自分のやりたいことと高校進学の必要性がつながった。夢をかなえるために4年間、なんとか頑張ってほしいなあ。

投稿者 あつこ : 22:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

© 2004 のぞみ整体院
リノラル